Beauty in the world

世界には美しいものが溢れてますね。

絵画や彫刻などの美術品

音楽

建築

ファッション

そういう人工的なものから

花や風、緑、朝日に夕陽。

女性の柔らかな白肌や男性の隆々とした胸板。

(個人的には胸板よりお尻のほうが好きですが♡)

 

 

地球上の全ての美しさを手に入れることは

不可能に近くても

つい

全て手中に納めてしまいたい衝動に駆られます。

ですから尚更

自分の中での優先順位を自覚していなければと思う今日です。

 

 

最近特に感じるのは

どんなに好きなことをしていても

カラダは疲れるし時間は過ぎて行くのだから

嫌なことをしている時間なんて

私には一刻も許されていないということ。

選択は常に非選択と隣り合わせで

こんなにある意味

怖くて寂しいことはない気もします。

今この瞬間、両方、全て欲しいのに叶わない現実。

 

 

 

 

非常に美しく価値あるものを今日見せて頂きました。

時代を超え現代に残るそれは浪漫の塊で

見ているだけで惚れ惚れする、というのは私の宝物である婚約指輪に通ずる恍惚感がありましたよ。

ますます私をそういう恍惚の瞬間に連れて行ってあげたいと思わせてもらえました。

それは一般的に言われる

高価/高級/希少と言った意味ではなく

あくまで「自分好みの恍惚」を追い求める姿勢。

私はもっと私自身を恍惚感で満たしてあげたい。

それは

生きてて良かった、よりも大きな

もう死んでもいい、くらいの充足感です。

 

 

そして恍惚の味とは

日常においてつい執着してしまいがちな小さなノイズさえ

微塵なく吹き飛ばしてくれるパワーがあります。

「ありとあらゆることが取るに足らない」と

全てを洗い流してくれるかのような強烈さです。

 

 

恍惚をくれる美は圧倒的ですね。

碧からスカイブルーに混ざり

サーモンピンクがかった水平線や

紫ともライラックとも違う表情の花にも

美を見出すチカラが人間にあってよかったなと

このボディスーツに感謝すら覚えます。

 

 

幸せの範囲がまた一段と跳ね上がりました。

楽しい!幸せ〜♡の上の「恍惚」という体感。

これを覚えた私のカラダが

今度は私をどこへ連れて行ってくれるのだろうと

とても楽しみです。

 

 

Ecstasy drives me Fantasy.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です